『規約』ウッパマ自然療法研究農園
ウッパマ自然療法研究農園
★★★自然治癒力を向上させるハーブや植物を使ったマッサージトリートメント★★★
NPO法人日本トラディショナルタイマッサージ協会が提供する新しい農業のカタチ(沖縄/東村)
ウッパマ ナチュロパ自然療法研究農園
 
ウッパマナチュロパ自然療法研究農園トップページ
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
自然治癒力を向上させるハーブ植物療法・代替療法
ナチュロパ自然療法研究農園
トップページ ウッパマ 訪ねる 使う 滞在する
食べる 遊ぶ 癒される 学ぶ 働く
 
 
トップページ >  規約
 
 

■ツアープログラム参加ポリシー

「 ウッパマ ナチュロパ自然療法研究農園」で提供するツアープログラムでは、当プログラムを利用して各ツアーに申し込みを行った方(以下、申込者)から参加同意書を徴収する事があります。ツアー催行会社は催行するツアーに万全を期していますが、各種アクティビティーの性質上危険を伴う場合がありますので、申込者自身による海外旅行保険に加入されることを推奨します。

荷物・手回り品等の紛失、破損、盗難について当社は責任を負いません。ツアー参加中は荷物・手回り品は申込者自身で管理するものとします。各ツアー詳細のスケジュールはあくまでもサンプルスケジュールです。また内容は予告なく変更となる場合があります。

農作物の出来具合につきましては、気温や降水量などの天候や災害によって左右されるものであり、ツアーに参加するタイミングによっては、十分でないと感じられる場合があるかもしれませんが、当社はこれを保証するものではありません。

なお、自然療法およびハーブ療法のトリートメントは、病気の治療をお約束するものではございません。現在、自然療法トリートメントは、世界各国で研究が進められておりますが、その結果に関しては環境や状況によっても異なるものであり、それが研究段階であることを申し伝えます。「ウェルネスファーム&ビーチリゾート ウッパマ」におけるトリートメントは、厚生労働省の指針に沿ったものであり、弊社の提供するプログラムには、下記の厚生労働省の捉える自然療法についての内容をご理解いただいた上でご参加ください。

各ツアーの最少催行人数に満たない場合は、催行中止となる場合があります。また、航空機、船舶、鉄道など交通機関の遅延、天候、災害、暴動、またはストライキなどによる不可抗力により、日程変更、または参加が不可能な場合は、その際にかかる費用は申込者負担となり、当社は責任を負いません。予約完了後であっても、航空機、船舶、鉄道など交通機関の遅延、天候、災害、暴動、ストライキ、施設の営業状況や現地の諸事情など、ツアー催行会社及び旅行サービス提供機関の責任外の事由により直前で変更・中止となる場合があります。ツアー開始後でも同様に、変更・中止となる場合がありますが、これらにかかる費用について、当社は一切責任を負いません。当社は、当社の故意または過失により、お客様に損害を与えたときは、お客様が被られた損害を賠償します。


以下:厚生労働省「統合医療」情報発信サイトより抜粋

自然療法—自然医学ともよばれる—は、伝統的治療法と19世紀にヨーロッパで広く普及していた健康法の組合せから発展した医療体系です。自然治癒力を重視する考え方に従い、現代の自然療法施術者は様々な伝統的、近代的治療法を用います。

キーポイント
自然療法で用いられる治療法の中には、有効性と安全性についての研究が進められてきたものもありますが、一般的な健康法としての自然療法については十分な研究が行われていません。「自然」は必ずしも「安全」を意味するものではありません。自然療法で用いられる一部の治療法、例えばハーブ・サプリメントの使用、食事制限、特殊な食事療法などは、十分に熟練した施術者の指導の下で行わないと健康に害を及ぼす可能性があります。

背景
自然療法は、ドイツで始まり、19世紀後半から20世紀初めに米国でさらに発展しました。自然療法という用語は、ギリシャ語、ラテン語に由来し、直訳すると「自然病」となります。自然療法の中心となる考えは、自然には癒す力(施術者がラテン語でvis medicatrix naturae”自然治癒力”と呼ぶ信念)があるというものです。施術者は、自分の役割は、患者の身体がもつ健康を維持し回復させる力を手助けすることで、最も自然で、人体が傷つくのを最小限にとどめる治療法を選びます。今日、自然療法は米国、カナダ、ドイツ、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの多くの国で実施されています。

米国での使用の現状
2007年に米国で行われた、補完療法の利用に関する国民健康調査によると、推定729,000人の成人と237,000人の子供が、過去一年間に自然療法を利用していました。人々は、慢性疾患や風邪やインフルエンザなどの急性疾患に対する初期治療、全体的な健康維持、補完療法(現代医学の治療に加えて使用)など、健康に関する様々な目的で自然療法施術者の元を訪れます。多くの施術者は重篤な病状をもつ患者に対しても補完医療を行います。

基本原則
自然療法の基礎となる原則は、通常医療の医師が実施する初期医療の原則に類似または一致しています。それには、以下のようなものがあります。
•何よりもまず害を成すなかれ。有害な副作用を最小限とし、症状のみの鎮静は避けるように努めること。
•治療を施すものは教育者でもあれ。自分の健康に責任をもつよう、患者を教育し励ますこと。
•疾患のみならず、患者を全人的に治療する。各患者に合わせて治療を組む際には、すべての要素(例えば、身体的、精神的、感情的、霊的、遺伝的、環境的、社会的要素)について考えること。
•予防。リスク因子を評価し、患者と共同で、病気を予防するように適切な介入を行うこと。
•自然治癒力の尊重。健康を維持・回復させるため人体がもつ自然治癒力の妨げとなっているものを見極め、それを取り除くよう努めること。
•病気の根源的な治療を。症状よりも、疾患や障害の原因に焦点をあてること。

治療
自然療法の施術者は、多種多様な治療法を用います。その例には、以下のようなものがあります。
•食事内容の変更(自然食品や未加工食品を食べるなど)やビタミン剤、ミネラル剤のようなサプリメント摂取を含む栄養相談
•ハーブ療法
•ホメオパシー療法
•水治療法
•治療的マッサージや関節矯正などの理学療法
•運動療法
•生活習慣カウンセリング
施術者によっては、他の治療法も行い、必要に応じて患者を通常医療の医療スタッフに紹介することがあります。

有効性と安全性
自然療法で用いられているそれぞれの治療法の中には、有効性が研究され、様々な結果が得られているものがあります。自然療法の医師は複雑な治療法を用いることが多く、研究が難しいため、その総合的な有効性については科学的な確証は現在のところあまり得られていません。そのような研究は、まだ初期段階です。研究により、興味深い結果が示されています。例えば、慢性腰痛をもつ倉庫勤務者を対象とした研究で、自然療法による治療は、標準的な理学療法士によるアドバイスに対しコストパフォーマンスが高いことが判りました。別の研究では、慢性腰痛をもつ郵便局員で、標準的な理学療法士のアドバイスよりも自然療法の治療の効果が有意に高いことが示されました。また、多発性硬化症患者で、自然療法による治療が、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の改善に役立つ可能性があるという証拠も示されています。顎関節症患者に対する治療法の研究では、2種類の補完療法—自然療法と中医学—がともに最先端の通常医療よりも大きな疼痛軽減につながることがわかりました。

自然療法は、通常医療に完全に置き換わるものではありません。自然療法のみに頼って通常医療を避けるのは危険で、場合によっては(例えば重篤な負傷や感染症では)深刻な結果につながります。
•自然療法の施術者がもつ信条や方法によっては、通常医学と異なり、その安全性に科学的裏付けがないこともあります。例えば、施術者によっては幼少期のワクチン接種を推奨しないことがありますが、通常医学では標準となっています(ただし、ある州で行った調査では、小児へのワクチン接種を行っている自然療法医もいたことが判っています)。
•自然療法で行っている治療の中には、十分に熟練した施術者の指導の下で行わないと人体に有害となる可能性があるものもあります。例えば、ハーブ類には、それ自体が副作用をおこしたり、他の処方薬、市販薬や他種のハーブ類と相互作用をおこしたりすることがあり、また、食事制限や特殊な食事療法には一部の人々にとって安全ではないこともあります。

 

■プライバシーポリシー

「ウッパマ ナチュロパ自然療法研究農園」は、健康をテーマにした観光農園の運営という性質上、お客様の個人情報を保護することには特に意を用いなければならないと認識していることから、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守することはもとより、以下の個人情報保護方針に従い、お客様の個人情報をより安全にかつ適正に取り扱い、その保護に取り組みます。

1. 個人情報の取得
お客様によりよいサービスを提供させていただくため、お客様の個人情報を取得させていただくことがあります。その際は、あらかじめその利用目的・範囲を定めた上でこれをお客様にお知らせするとともに、そうした利用目的を達成するために必要な範囲内で、かつ、適正な手段により取得させていただきます。

2. 個人情報の利用
取得させていただいたお客様の個人情報は、その利用目的の範囲内でのみ利用させていただきます。利用目的以外にお客様の個人情報を利用する場合は、あらかじめお客様にお知らせし、同意を頂いた上で行います。

3. 個人情報の提供
法令に基づく正当な理由がない限り、あらかじめお客様のご同意を得ないでその個人情報を第三者に提供することはありません。

4. 個人情報の安全管理
お客様の個人情報の破壊、滅損、改ざん、漏えいおよび不正アクセス等を防止するため、適切かつ合理的なレベルの安全管理措置を講じ、また予防措置、是正措置の実施を行います。

5. 個人情報の開示・訂正等
お客様より、その個人情報の開示・訂正・追加または削除等の求めがなされた場合、お客様がご本人であることを確認させていただいた上で、誠実に対応いたします。

6. 苦情等への対応
お客様からの個人情報の取扱い等に関する苦情等につきましては、農園責任者が誠実に対応いたします。

7. 見直し 個人情報保護の状況について
各店舗責任者が、定期的かつ継続的に見直しを実施し、個人情報保護の改善・改良に努めます。

8. お問合せ
この個人情報保護方針に関するお問合せ窓口は各店舗ごとになります。本部にて顧客情報を一括管理は行っておりませんので、各店舗責任者にお問い合わせください。なお、弊社株式会社ヒーリングセラピー・ディヴェロップメントから個人情報保護の観点から常日頃指導を行っておりますが、万が一対応が万全でなかった場合には、本部情報セキュリティ担当 渡邊聡一郎までご一報くださいますようお願い申し上げます。
株式会社ヒーリングセラピー・ディヴェロップメント メール:info@htd.jp

 

 
電話:090-5195-8485
 

 
フェイスブック
 
=UPPAMA
ナチュロパ自然療法研究農園
農業とマッサージで暮らすための学校
体質改善デトックスのためのリトリートツアー
367-1 Gesashi Higashi-son Kunigami-gun OKINAWA
TTMA DAIKANYAMA HEAD OFFICE:03-5784-2861
Copyright(C) TTMA 2016-2026